環境を守ることに繋がる活動

紙やプラスチックなど、ほとんどの製品はリサイクルできます。 繰り返して使う意識を持ってください。 それらの製品を作る際は、資源を利用しています。 しかしその資源は、無限ではありません。 限りがあるので、大事に使わなければいけません。 再利用することが、最も良い方法です。

使わなくなった家具や家電

新しい家具や家電を買った時や、もう使い道がないと思った場合は処分すると思います。 その際、処分方法を間違えないでください。 壊れていない家具や家電であれば、リサイクルショップが買い取ってくれます。 新しい持ち主に行き渡るので、リサイクル活動に繋がります。

壊れて使用できない不用品

リサイクルショップで買い取れるのは、売れると認められたものだけです。 壊れているものは、買い手が見つからないので買い取りを断られるケースが多いです。 その場合は仕方がないので、業者や行政に引き取ってもらってください。 どちらが良いのか、特徴を調べましょう。

リサイクルできるもの

正しくリサイクルをすることで、地球に残された資源を守れます。
例えば、紙を捨てないでリサイクルに出してください。
すると、再生紙に生まれ変わります。
何度も繰り返して紙を使うことで、森林の伐採を回避できます。
同じように缶やプラスチックも、回収して再利用できます。
ゴミに出すのではなく、分別して回収してもらう意識を持ってください。
1人1人が、リサイクルを意識することが大切です。

家具や家電を、捨てるのではなく売るのも良い方法です。
リサイクルショップに行くと、使わなくなった不用品を買い取ってくれます。
売るので自分は利益を得られますし、何より次の持ち主の元へ行くので、ゴミが増えることを回避できます。
自分は必要としていないものでも、求めている人がいるかもしれないと考えてください。
リサイクルショップはどんな状態のものでも、買い取ってくれることが多いです。
不用品があったら、積極的に利用してください。

リサイクルショップで買い取ってもらえない不用品は、業者に引き取ってもらいましょう。
すると適切な処理をしてくれるので、無駄なゴミが増えることはありません。
その際は、信頼ができそうな業者を見つけましょう。
悪質な不用品回収業者は、回収した不用品をその辺に放置したりします。
どんな処理をしているのか、事前に確認しましょう。
適切な処理をする業者は、その旨をホームページに記載しています。
信頼できる業者だとわかったら、回収を任せましょう。