環境を守ることに繋がる活動

再生紙を作るために

みなさんは、再生紙という言葉を聞いたことがありますか。
使い終わった紙を、機械を通して新しい紙にすることができます。
繰り返し作られる紙のことを、再生紙と呼んでいます。
再生紙でも、普通の紙と見た目は特に変化がありません。
紙として利用できるので、コピー用紙を買う時などは再生紙を選択すると良いですね。

森林を伐採して、紙を作っています。
たくさんの紙を作ると、それだけ多くの森林が壊されます。
森林がなくなると、地球上のほとんどの生き物が絶滅するでしょう。
そうならないよう、リサイクルを意識しなければいけません。
使い終わったからと、すぐに紙を捨てていた人がいるでしょう。
その考えを今すぐ改めて、使い回すこと覚えてください。

たくさんの製品を再利用する

飲み物が入っている缶や、プラスチック製品もリサイクルできます。
ですから正しく分別して、回収しなければいけません。
街中を見ればたくさんの回収ボックスがありますが、間違って利用するとリサイクルされなくなってしまいます。
それでは、ゴミとして捨てられるのでもったいないです。
どこの回収ボックスに何を入れれば良いのか、きちんと理解してください。

スーパーにも、様々な回収ボックスがあります。
普段利用するスーパーなら、買い物に行くついでにプラスチックなどを持って行って、回収ボックスに入れることができます。
最近は駅にも、回収ボックスが設置されています。
普段から訪れる施設に回収ボックスがあれば、積極的に利用できますね。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ