壊れて使用できない不用品

メリットやデメリット

リサイクルショップで買い取れない不用品は、適切な処理を行政や業者に任せてください。
絶対に、その辺の空き地に捨てるといった行為はしてはいけません。
不法投棄は法律で禁止されていますし、余計なゴミが増えるので地球環境を悪化させる原因になります。
安い費用で不用品を引き取ってもらいたいなら、行政に依頼してください。

行政の方が、安い価格で受け付けてくれます。
しかし行政は、自分の好きなタイミングで処分できないというデメリットがあるので忘れないでください。
次の回収がいつなのか、まずは調べましょう。
タイミングを逃すと、不用品を処分できるのがかなり先になります。
地域によって変わりますが、2週間に1回ぐらいのペースが多いです。

どんな処理をしているのか

不用品回収業者のメリットは、連絡すればすぐに来てくれるという部分です。
早く不用品を処分したい時に使ってください。
しかし、処分の方法を調べてから依頼した方が良いです。
中には引き取って不用品を、その辺に捨てたり適切な処理をしていなかったりする業者が見られます。
正しい処分をしないと、地球環境を守ることはできません。

ホームページを見て、処分するまでの流れを確認しましょう。
適正な処理だったら、依頼しても問題ありません。
悪質な処理をしている業者は、無許可で経営していることが多いです。
許可を得ているのかも調べましょう。
国や県から許可を得ているなら、ホームページに目立つよう記載されているはずです。
よく見て、信頼できる業者を探しましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ